にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 為替ブログへ
 

2009年08月20日

FXスワップ投資に売り(ショート)は必要か?

今日はFXスワップ投資にショートは必要か?について話してみたいと思います。

FXスワップ投資のほとんどの投資は『外貨/円』ですね。

つまり・・・

米ドルを買って円を売る。

ユーロを買って円を売る

豪ドルを買って円を売る

NZドルを買って円を売る

南アフリカランドを買って円を売る


以上の売買を行っているスワップ派の方がおそらく90%以上を占めると思います。

しかし、FX投資では時には売り(ショート)も必要な時があります。

大きな下げ相場の時は、売り(ショート)を仕掛ければ短期的に大きく儲けることができます。

でも普段買いに慣れているスワップ派の方は、まず売り(ショート)はやりません。

マイナススワップ(マイナス利息)が付いてしまうからです。

なので、下げ相場や暴落時はじっと下げ止まるのを忍耐強く待っているのがFXスワップ派の人です。

しかし、私が思うに、下げ相場の時は買い(ロング)のスワップポジションを持ちつつ、売り(ショート)を少し仕掛けるのも面白いのではないかと思います。

買い(ロング)ポジションを持ちながら売り(ショート)を仕掛けると両建てになってしまうのですが、時にはチョッピリ両建てポジションを持つのも悪くないと思います。

実際に私は去年のリーマンショックの時に買い(ロング)ポジションを持続しながら、少し売りもしかけておりました。

そのお陰で、短期間でかなり売りで為替利益を得ることができました。

下げ相場はジッと耐えて待つ・・・というFXスワップ投資の常識を少し変えて勇気を持って売りも仕掛けてみましょう!

新しい発見が沢山見つかると思います。
また売買の技術も上がります。

ちなみに両建てが可能なFX業者といえば・・・
↓↓↓
≪注文約定率100%≫ひまわりFX



posted by ゆき at 21:06| FX長期投資の極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
高級ホテル宿泊記
FX初心者
FXスワップ
FXで儲ける
キャッシング比較
消費者金融
カーシェアリング
精力剤通販店
キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。